宅建の難易度

宅建・行政書士の難易度

宅建の難易度!

基本的に試験の難易度というのは、人それぞれ感じ方が違うので、
数値化できません。
合格率はという数字ありますが、それはあくまでも一つの目安にすぎないと思います。

それでは宅建の難易度はどうなのかと言う事になりますが、
私は決して簡単ではないと思います。

特に近年では難解な事例問題も増えているので、一昔前よりも難易度が高くなっています。
ただ、宅建合格者の話を聞くと、2ヶ月や3ヶ月くらいで合格した人もいます。
もちろん、中には何回受験しても合格できない人もいます。

その違いは何かと言うと、元々の学力や持っている知識によっても変わりますが、
一番はどれだけ効率的な学習ができたかです。

結局のところ、宅建の難易度というのは、学習の仕方如何によって変わるのです。

例えば、宅建のテキストが100Pあったとしましょう。 (実際はもっと多い)
しかし、実際に出題される問題は100Pもの知識を覚える必要はありません。
感覚的なことを言えば、半分も覚える必要はないと思います。

それにも関わらず、100P覚えようと思えば、覚えるのは大変で、
難易度が高くなってしまいます。

対して少ない学習時間で合格する人は、100Pも覚えようとしません。
確実に出題されそうなところを狙って学習しているのです。
そして、実際にそうした学習をする事は可能なのです。

方法としては、通信や通学を受講しても良いですし、
過去問から出題傾向を分析するのも良いと思います。

つまり、どれだけ試験対策を出来るかなのです。

しかし、多くの方は、とりあえずテキストと問題集を購入して勉強しようとします。
確かにそれは間違ってはいません。

ただ、その勉強法をいつまでも続けていては合格する事は出来ませんし、
仮に出来たとしても時間がかかりすぎて、挫折してしまいます。

重要なのは、どれだけ効率的に短期間の学習を出来るかです。
それさえ出来れば、挫折することなく、合格できるので、
宅建の難易度は高く感じないと思います。


>>効率よく合格できる勉強法が分かる教材が無料で!