行政書士の難易度

宅建・行政書士の難易度

行政書士の難易度

次に行政書士の難易度を紹介していきます。

はじめに申し上げますが、人それぞれ行政書士の難易度は感じ方が違いますが、
どう考えても難易度の高い試験です。
現に、大学時代法学部で一生懸命学習した人でも不合格になる人は決して少なくありません。

行政書士の難易度が高い理由は、 行政法や民法といった法律や憲法の学習をしなければいけないからです。

特に法律は、普通に生活していれば理解できないような解釈の仕方が、
頭で理解するのは非常に大変です。
また、法律には覚えにくい専門用語が沢山あり、覚えなければいけない数も沢山あります。
この難しさは言葉では説明出来ないので、
行政書士専用の六法などを見てもらえればわかると思います。
その上、行政書士の試験は出題範囲が絞りにくい、一般知識もあります。

しかし、このサイトで一度言ったように、
行政書士は決して合格できない試験ではありません。
もちろん、今までまともに法律の学習をしたことのない方にも言えます。

重要なのは、どのように学習するかなのです。

これは宅建と同じ事が言えますが、行政書士に合格するためには
どれだけ行政書士の試験を理解できているかです。

「どの科目を重点的に学習すれば良いのか」、
「その科目の何処に注意して学習すれば良いのか」、
「どのように学習すれば理解しやすいのか」、
「何の教材を使えば、効果的なのか」など色々あります。

そうしたことを理解出来ていれば、例え現在知識がなくても十分に合格することが出来ますし、 逆に理解できていなければ、かんばって学習しても合格出来ません。

この事は重要なので何度も言いますが、学習時間を確保することを前提で、
しっかりとした試験対策をすれば、あなたが感じる行政書士の難易度は下がります。

ですから行政書士の試験勉強をするなら、
まずそこをしっかりと考えてからはじめて下さい。
その時点であなたが行政書士に合格できるのか、
出来ないのかが決まると言っても過言ではありません。


>>効率よく合格できる勉強法が分かる教材が無料で!