行政書士 試験対策

宅建・行政書士の難易度

行政書士の試験対策!

ここでは行政書士の試験対策はどのように考えで行なえば良いのか
全体像を紹介します。

まずは行政書士試験科目をご覧下さい。

■法令科目別配点
行政法:92点
民法:76点
憲法:28点
地方自治法:20点
会社法:16点
商法:4点
基礎法学:8点
合計:300点
■一般知識
政治・経済・社会:24点
個人情報保護法及び情報関連:20点
文章理解:12点
合計:56点

合格基準
・行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
・行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
・試験全体の得点が、満点の60%以上である。

行政書士の試験科目の配点は、その年によって多少のばらつきはありますが、
割合はそれほど変わりません。

そこで、まず合格基準を見て欲しいのですが、
法令科目と一般知識にも合格基準があることがわかります。
試験全体の得点も大切ですが、
まずはそれぞれの合格基準を見たさなければいけないのです。

それで、各科目の配点を見てみると、
法令科目は、行政書士と民法だけで、満点の半分以上占めていることがわかります。
その他の科目を全て足しても、行政法と民法に及びません。
つまり、法令科目はいかにして行政法と民法を攻略できるかなのです。

次の一般知識も同じ考えで、 「政治・経済・社会」をどのように攻略するかです。

大雑把な感じですが、行政書士はこのような考えのもと学習する必要があるのです。

最も分かりやすく言うと、全科目平均的に学習するのではなく、
力を入れる科目とそうでない科目を仕分けるということです。

例えば、法令科目では、行政法と民法を攻略できなければ、
他の科目が例え満点でも合格する事は出来ません。
ですから、行政法と民法に出来るだけ多くの学習時間を取らなければいけないのです。

この考えは、勉強法にも言えることです。
行政書士の学習で一番重要なのは過去問演習なので、
そこにどれだけ時間を使えるかが勝負になります。

ですから、何でもかんでも闇雲に学習すれば良いわけではありません。
行政書士の試験を理解して、効率的に学習していかなくてはいけないのです。

この考えは、もちろん宅建にも言えることです。

絶対にここで紹介した考え方を忘れないで下さい。


>>効率よく合格できる勉強法が分かる教材が無料で!