宅建 行政書士学習法

宅建・行政書士の難易度

宅建と行政書士の学習法の選び方について

宅建も行政書士も基本的な学習法選びの考え方は同じですが、
若干違ってきます。

学習法というのは、大きく分ければ2つあり、プロの講師から直接指導を受ける
通信・通学かまったく一人で学習する独学に分けられます。

宅建の場合、難易度を考えれば両方の選択肢がありますが、行政書士だと
通信・通学を受講する必要があります。

どうしても行政書士くらいの難易度になれば、
独学で学習してしまうと挫折する可能性が高くなり、
実際に行政書士に不合格になる人の多くは、独学です。
もちろん、独学で合格する人もいますが、それは元々合格者が少ない中での、
ほんの一部の人なので、合格するのは至難の業になります。

ですから、多少お金はかかりますが通信・通学を受講して最短の合格を目指したほうが無難です。

しかし、どちらの学習法を選ぶにせよ、覚えていて欲しい事があります。
それは、通信・通学なら短期間の学習で合格できる可能性があり、
独学なら多くの学習時間が必要になると言う事です。

そこで考えて欲しい事があります。

資格学習をする人の多くは挫折してしまい、その理由は色々あります。
例えば、学習がわからなくなるとかモチベーションが上がらないと
人それぞれ理由は違いますが、最も多い理由は、学習時間が多くなるからです。

特に資格学習をする多くの方は、社会人で学習時間がほとんどありません。
そんな中で、さらに学習時間が必要となる独学を選ぶと挫折してしまうのです。
これが独学で合格するのが最も多い理由です。

後はあなたの生活環境を考えて決めて下さい。

時間に余裕があり、長期間学習する覚悟があるのなら独学でも良いですし、
時間があまり取れなくて、短期間で合格をしたいのなら、
通信・通学でも良いと思います。

どちらを選んでもあなた次第で合格できる可能性があります。
そのことは忘れないで下さい。


>>効率よく合格できる勉強法が分かる教材が無料で!