宅建 行政書士の通信・通学

宅建・行政書士の難易度

宅建・行政書士を通学・通信で学習場合の心構え

宅建と行政書士を通学・通信で学習する場合、気をつける事は学校選びです。
この学校選び次第で、合否に影響してくるので、非常に重要なポイントです。

ただ、学校選びは、通学と通信によって変わってくるので、
ここでそのポイントをしっかりと学んで下さい。

まず、通学の選びポイントですが、
●無料体験講座を受講する
です。

通学して学習する場合、重要になるのは相性で、
それは実際に体験してみなくてはわかりません。
良くインターネットの口コミで決める人がいますが、
それはあくまでもその人個人の意見で、あなたにとって良いとは言えないと思います。
また、インターネットには信憑性のない情報もたくさんあるので、
そうしたことを信じてしまうと、いつまでたっても良い学校は受講できないと思います。

ですから、まずは自分で体験してみることが重要なのです。

次に通信ですが、 通信は体験する事が出来ないので、
教材の種類で決めることが重要です。
具体的には、

●講義は視聴できるか
●通信講座専門校か
●質問に対応してくれるか
●E-ランニングが付いているか

などをチェックして見て下さい。

上記を細かく解説するときりがないので、 簡単に言うと、

まずいくら通信でも学校と同じなので、講義が視聴できることが重要で、
通信講座専門校なら、カリキュラムや教材の作り方が、
通信向けに作られているので、挫折しにくいからです。

また、疑問があった場合に質問に対応してくれることは必要ですし、
E-ランニングはインターネットで学習できるシステムなので、
効果的な学習が出来ます。

必ず、上記のポイントを守って通信を選んで下さい。

一番失敗するケースは、通信の知名度だけで決めるパターンです。
例えばCMでよく見るからとか、名前が聞いたことがある学校だからとかです。
そうした表面的なことで選んでしまうと、肝心の中身を疎かにしてしまうので、
合格から遠のいてしまいます。


>>効率よく合格できる勉強法が分かる教材が無料で!