宅建 行政書士の勉強法

宅建・行政書士の難易度

宅建・行政書士の勉強法

宅建と行政書士の学習ポイントは違っても、勉強法に違いはありません。
基本的な流れは、

1、基礎知識を覚える
2、過去問演習をする
3、模試試験やオリジナル問題集を解く
4、自分の弱点を克服する

この4つの流れが国家資格の基本的な勉強法になります。

それぞれ解説すると、
1は、テキストや講義を聞きながら重要用語を覚えたり、法律の解釈を理解したりします。
その時のポイントは問題を解きながら、一つ一つの知識を確実に覚えていくことです。

どうしてもテキストだけで覚えようとすると知識の理解が曖昧になり、
中々自分のものになりません。
しかし、問題を解きながら知識を覚えていくと、どのように知識を使うか理解できるので、
確実に覚えていけます。

2に関してはそのままで、過去問は宅建・行政書士の試験で一番重要なので、
とにかく何度も何度も演習して頭に叩き込む事です。
この過去問演習をどれだけ勉強したかで、
合否に影響するといっても過言ではないので、
一番時間を使って下さい。
尚、過去10年分くらいの過去問を勉強して下さい。

3は、自分の弱点を理解するための学習です。
資格学校の模擬試験を受けても良いですし、
書店でオリジナル問題集を購入しても良いと思います。
そうした問題は今まで学習してきた事の応用になるので、
自分は何が得意で、何が苦手なのかはっきりとわかります。

そして、最後の4で、苦手だった分野を徹底的に復習して 弱点を克服します。

このような学習法で合格する力が付くと思います。

後は、あなた確実に実践する事と学習計画を立てることです。

計画はというのは、どの学習をどのくらい勉強して、いつからはじめるかということです。
とりあえず学習してみるというような曖昧なことではまず合格出来ません。

ですので、まずは計画を立てる、そしてその計画通りに進んでいるかチェックしながら
学習を進めて下さい。
もし、計画通りに行かなかったら、その原因もしっかりと分析してほしいと思います。

例えば、もともと無理があった計画なのか、ただ面倒で学習出来なかったのか
色々理由があると思います。
是非、参考にして下さい。


>>効率よく合格できる勉強法が分かる教材が無料で!