行政書士試験合格後の進路

宅建・行政書士の難易度

行政書士の資格を取ってからの、明るい進路! 

行政書士の合格者は、大半が自身の事務所を開くという進路を選んでいるはずです。

「士業」と呼ばれる一連の資格は、「独立」・「開業」という進路が当たり前というイメージがあります。実際には、企業内で活動するという進路が珍しくない資格もたくさん入っているのですが、とにかく行政書士は、独立や開業をすることが常識の資格です。

ちなみに、組織・団体に属して働く可能性となると、企業の法務部のような数少ないコースだけとなります。あとは、既存の行政書士の事務所、または大きな法律事務所等に入って働くというコースもあるでしょう。また、予備校のような文教施設で行政書士希望者を指導するというコースもありえますが。

このような現実があるため、行政書士の受験者は事務所を設けることを目的として、将来のヴィジョンを立てていくことが普通です。幸いなことに、行政書士はいろいろな専門分野を設けて活動するチャンスがある資格。言い換えますと、すみわけしやすい資格となっています(行政書士は毎年、一定数増えているのですが、まだ活躍の機会が残っているといわれるのは、そのような事情によります)。

もっとも、開業という進路には、必ず失敗のリスクがあります。そうならないようにするには、受験者の時期から、少しずつ「どんな行政書士になろうか?」という点を、決めていくほうが無難でしょう。


>>効率よく合格できる勉強法が分かる教材が無料で!